身内の借金の返済義務

借金という言葉を聞くだけで背筋が寒くなる人がいるのではないでしょうか。
自分が作った借金ならばまだ救いがありますが、もしも身内が次々と借金を繰り返したり、連帯保証人となった相手が借りた金を返済せずに行方をくらましてしまったとしたら、あなたは一体どうするでしょうか。
世の中には自らの借金でなく、そうした借金によって暗澹たる思いで日々を暮らしている人がいます。
今回はそのようなケースの解決策を探ってみましょう。


まず最初に確認しておくべきことですが、例え夫婦関係にある夫など、近親者が作った借金だとしても、あなたが連帯保証人になっていないのでしたら、作った借金を肩代わりして返済する義務はありません。
その逆も同じく、あなたが誰かにお金を貸していたとして、そのお金を借りた本人が行方不明になったり、死亡したという場合にも、そのお金を家族や配偶者などの身内から返してもらうことはできません。


人間の感覚としては、つい身内の後始末を引き受けなければいけない気持ちになるものですが、そのような心に付け込んで返済を迫る悪質な業者というのも存在します。
貸金業規制法でも「支払い義務のない者に支払い請求をしてはならない」との規制を掛けて注意を促していますので、違法な取立て行為を受けた場合には、都道府県の担当部署や警察に届け出をしてください。


とにかく、貸金業者が一方的な請求をしてきたとしても、絶対に支払うのは止めましょう。


▼外部リンク▼
自分がした借金でも他人から背負わされた借金でも返済方法に関して相談出来るサイトです・・・借金 返済方法

Copyright © 2014 身内の借金で悩んでいる人へ All Rights Reserved.